The Treasure by Josei & Shara 【いのちあるものみな愛(カナ)し】
01.11 (Mon) ⇨ 01.14 (Thu) | Online Streaming

The Treasure by Josei & Shara 【いのちあるものみな愛(カナ)し】

成人の日に贈る、母と子の Jazz Online Concert from ゲバントホール

  • date_range 01.11 (Mon) Open: 18:30 Start: 19:00 ⇨ 01.14 (Thu) 20:30
  • grade Jazz / Pop / R&B
【ライブ配信】2021年1月11日(祝)19:00~20:30
【見逃し配信】2021年1月11日(祝)配信終了後~同年1月14日(木)20:30
【配信チケット】2,500円(税込)
【チケット販売期間】2020年12月11日(金)10:00~2021年1月14日(木)18:00 ※見逃し配信中もチケット購入できます。

☆The Treasure by Josei & Shara【いのちあるものみな愛(かな)し】の意味☆
私の幼い頃の楽しい想い出は、日曜日の朝に父の吹くクラリネットに合わせてピアノを弾いていたことです。丈青は幼いころからピアノの音が大好きで、よく背伸びしてピアノの鍵盤にタッチ!していました。私も丈青も「常に音楽がある環境で自由に成長できたことは、本当に恵まれていた」と、両親に感謝しています。でも、どこの家庭にもあるように、大変な時間も苦しい時間もたくさんありました。
家族は、目まぐるしく流れてゆく日々を泣いたり笑ったりぶつかったり許し合ったりしながら、たとえ離れていても心は一緒に生きてゆく!また、ご縁があった人達とも、同じように助け合いながら一緒に生きてゆく!「その瞬間その想い出こそが、宝物!」という気持ちで、私たち親子のコンサートを The Treasure by Josei & Shara【いのちあるものみな愛(かな)し】と名づけました。
私の初めての配信【成人の日に贈る、母と子のジャズ コンサート】を格調高いゲバントホールからお届けできる喜びを胸に、広島の仲間たちも一緒に心を込めて演奏致します。どうぞお楽しみください!

2020年 冬 佐藤いより

Musicians
Special Guest 清水末寿(Sax.)
丈青(P.) 佐藤いより(Shara) (V. & P.) 中村正月(V.& Blues Harmonica) 太田和孝(Flute) 宮本香織理(Percussion)

Program(予定)
【Waltz for Debby】【Alone】【Georgia on My Mind】【Let It Be】【The House of the Rising Sun】【Just the Two of Us】【I Just Called to Say I Love You】【The Gift (Recado Bossa Nova)】【Bei Mir Bist Du Schön】【Climb Every Moutain】【赤とんぼ】【いのちの歌】など

各アーティストSNS
★佐藤いより
Youtube
https://youtu.be/gRp_-C0hb9Q
Webサイト
https://shara-story.jimdo.com/
ブログ
https://sharastory.exblog.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/SharaStory

★丈青
Webサイト
https://joseipiano.wixsite.com/home
Twitter
https://twitter.com/joseipiano

★清水末寿(Special Guest)
lushlife Webサイト
http://www.lushlife-jazz.info/

★太田和孝
Facebook
https://www.facebook.com/otakazz

【出演者紹介】
JOSEI 丈青 (Pianist and Composer)
1975年生まれ広島県広島市出身。
3歳からピアノにふれクラシックを学ぶ。同時にブラックミュージックをはじめとする多岐にわたる音楽に親しみ、その語法を独学で習得。
1997年に本格的にジャズピアニストとしての道を歩むことを決意。「鈴木勲OMA SOUND」への参加を期にジャズシーンに広くその名が知れ渡り、日野皓正や菊地成孔、José JamesやJamie Cullumとも共演を重ねる。
2003年にはSOIL&“PIMP”SESSIONSに加入、ビクターエンタテイメントからメジャーデビューを果たし、多くのメジャーアーティストと共演しCD をリリース。
SOIL&“PIMP”SESSIONS のメンバーとしてMontreux Jazz Festival やGlastonbury Festival などに出演、その後毎年海外での公演を続け、既に世界30ヶ国以上を訪れ演奏を届けて来た。
2007年には同バンドから派生したピアノトリオJ.A.M を結成。
2014年10月、初のソロピアノ作『I See You While Playing The Piano』をSPIRAL RECORDS よりリリース。
SOIL&“PIMP”SESSIONSは、2019年の紅白歌合戦で椎名林檎氏の伴奏を務めたり、過去には三浦大知氏と共演など、Jazz だけに限らずJポップの実力派ミュージシャンとも親交があり、幅広い層に知名度が拡がりつつある。

佐藤いより (Vocal & Piano)
幼少からクラシックを学ぶ。ジャズ・ヴォーカルと出逢い、ヴォイス・トレーニングや英語の発音レッスンを重ね、現在NHKカルチャー、ちゅーピーカレッジにてジャズ・ヴォーカル講座を担当、多くのファンにジャズを歌う楽しさを広めている。広島を中心に演奏活動をしており、特にピアノの弾き語りによる説得力のある歌唱は多くのファンを魅了し続けている。また、息子であるJazz Pianistの丈青とThe Treasure by Josei & Sharaというユニット名で演奏活動を開始。2019年10月、親子のJazz CD『Shara Story いのちあるものみな愛し(カナシ)』をリリースし好評を得ている。

スペシャルゲスト 清水末寿(サックス奏者) 
高知県出身、1945年 10月18日生まれ。 
1970年 25歳から小林マサル(B)のク”ループで大阪を中心にジャズライブ活動を始める。 
1974年東京に拠点を移す。その後、池田芳夫(B)グループに加入し 80 年まで在団し、同グループにて新宿 JAZZ 賞受賞。
1980年代、自己のグループ「メレンゲ」を結成し小山彰太(DS) らとともに活動。 以後、フレディ・ハバード(TP)、マル・ウォルドロン(P)、ハンニバル・M・ ピーターソン(TP)、ジョージ川口(DS)、鈴木勲(B)、日野晧正(TP)、山下洋輔(P)、池田芳夫(B)、 坂田明(AS)、板橋文夫(P)、小山彰太(DS)、中村達也(DS)、伊藤君子(VO)、高瀬アキ(P)等、 数多くのミュージシャンと共演。 どのようなジャンルであっても表現できる卓越した感性と長年培ってきたプレーで今もなお聴衆を魅了し続けている。 
1996年頃より活動の場を広島に移し 70歳を超えた今もなお市内ジャズクラブ《Lsuh Life(ラッシュ ライフ)》を拠点として広島のジャズ・音楽シーンの活性化を願い国内外から多くのミュージシャンを招き毎夜熱い演奏を展開中である。 また「Shimizu SAX教室」を主宰、地元のみならず音楽界の発展に大きく寄与する。 
【主な経歴】 1979 年「池田芳夫(b)グループ」にて新宿 JAZZ 賞受賞。 
1993 年「中村達也グループ」で国際交流使節としてオーストラリア、インドネシア他をツアー。 
1997 年、宮島厳島神社の「世界遺産登録記念コンサート」とし、初の千畳閣(本殿)でのジャズコンサートを 山下洋輔、池田芳夫、小山彰太で名演を残し大成功を収める。 
2000 年、ハンニバル・M・ピーターソン(tp) クイン テットで全国ツアー。 
2004 年、「中村達也グループ」でセネガル、モ ロッコ、トルコを廻る計8カ所の海外公演ツアー。 
2007 年、Jazz Club 【Lush Life】開業。 
2014 年より、テレビ新広島(TSS)で毎週放送されているミニ番組「ひろしま百景」”広島が誇る 四季折々の風景等をハイビジョンカメラで撮影しテロップと BGM のみで放送される” 番組に、サッ クスソロにて演奏曲が不定期に流れている。 
2016 年、2017 年と、GLAY のリーダーであり、バンドのメインコンポーザーとして 数々のヒット曲を生み出してきたギタリスト TAKURO の “Journey without a map”ソロコンサー トにゲスト出演。 
【主なアルバム】 
『Hot Cake Mix/清水末寿メレンゲ』 『Speak to Loneliness/日野皓正グループ』 『スケッチ・オブ・マイ・ライフ/池田芳夫グループ』『風媒花/池田芳夫グループ』 『オリジン(スペシャル・エディション)/藤川義明&イースタシア・オーケストラ』 『We Four・・・Naima/中村達也グループ』 『Jazz in Now Power/中村達也グループ
/2012.6』

中村正月(Vocal & Blues Harmonica)
10代半ばに独学でブルース・ハーモニカを学び、長年演奏を続けている。その琴線に触れる音色のファンが多い。最近は老舗ブルースバンド「ブルース・大阪・本店」のレギュラーメンバーとして活躍。また、神戸のマッド・ストンパーズのサポートメンバーとしてブルースの本場、大阪・神戸で毎月演奏している。『Shara Story いのちあるものみな愛し(カナシ)』に数曲参加している。

太田和孝(Flute)
1979年広島生まれ。音楽好きの両親の影響で幼少より多様なジャンルの音楽に触れて育ち、6才よりピアノを、13才より吹奏楽部でフルートを始める。
その後ジャズフルートの巨匠Herbie Mannの作品に感動し、ジャズに興味を持つ。広島大学在学中よりライブ活動を始め、県内外のジャズクラブ、ライブハウスで演奏を重ねる。
近年は、自己ユニットでのライブ活動を中心に、ジャズ・ポップスのサポート演奏、ソロライブ、作曲・編曲・イベント企画、ミュージカルやゲームの楽曲制作などにも活動の場を拡げている。
2017年「ゆみゆみ&太田和孝DUO」、「Game Musica Jake」、各ユニットのCDアルバムをリリース。2019年には「森川泰介 Amazing Quartet」のメンバーとしてCD/オンライン配信でアルバムを発表。
2018年、新たなマルチジャンル・インストバンド「オルタナティヴ・カメレオン」を始動。幅広い音楽ジャンルを融合した変幻自在なサウンドと、テーマ性のある主催ライブを通じて、より幅広い層にインスト音楽の魅力を伝える活動を行う。

宮本香織理(Percussion) 
エリザベト音楽大学卒業。打楽器を学ぶ。 女性10名による和太鼓グループ「彩鼓」のメンバーとして活動する。2002年、民族的なスピリチュアルを音に追求したトリオ「祈り部(いのりべ)」を結成。ジャズの経験も豊富である。

【ゲバントホールの取り組み】
今までのような音楽活動が難しくなった現在、音楽関係従事者やアーティストの方たち、応援して頂ける皆様を繋げる方法を模索してきました。この度有料ライブ配信を通して、応援して頂ける皆様からの収益を音楽関係従事者やアーティストの方たちへの支援にあてる取り組みにチャレンジしています。チケット代のほか、投げ銭も準備しています。アーティストへの支援として使用させて頂きます。

【注意事項】
・本公演はインターネットでの公演です。
・電子チケット販売プラットフォーム(ZAIKO)への登録が必要となります。【購入】から進んでいただき、ZAIKOアカウント作成を行ってください。
・配信のURLは購入したZAIKOアカウントのみで閲覧可能です。(チケットの購入数に関わらず、1アカウントにつき閲覧いただける端末は1台となります。)
・チケットをご購入頂きましたら、メールが送付されます。そのメールに閲覧手順が記載されておりますので、あらかじめご確認ください。
・チケットご購入後は、公演延期・中止の場合を除き、払い戻しはできません。
・配信には最善の準備を行い実施致しますが、ライブ配信の特性上、不慮の一時停止や映像・音声の乱れ、インターネット回線のトラブルによる公演の一時中断などが発生する可能性もございます。ご了承の上、チケット購入をお願いいたします。
・お客様起因による視聴トラブル、およびお客様のインターネット環境に伴う閲覧の不具合に関しましては、当方は責任を負いかねます。
・視聴に関わるインターネット通信費、回線費等はお客様のご負担となります。
・動画配信となりデータ通信量が多くなることが想定されるため、安定したインターネット環境(Wi-Fi等)のご利用を推奨します。
・ライブ配信途中から視聴した場合はその時点からの配信となり、巻き戻しての再生はできません。
・ライヴ配信および録画配信の映像の著作権は、ゲバントホール(株式会社WAKO)に帰属します。配信される映像、画面、音声を許可なく他のウェブサイトや著作物等に転載することは著作権法で禁じられています。

【公演に関する問い合わせ】
TEL : 082-503-1711(ゲバントホール)
ゲバントホールホームページ専用お問合せフォーム http://gewand.jp/?page_id=37

広島市 文化芸術の灯を消さないプロジェクト
主催・企画 ゲバントホール WAKO GROUP / 協力 株式会社サウンドカンパニー